2017.08.11

屋上 with 階段&壁再生リフォーム 現調編1

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 

屋上 with 階段&壁再生リフォーム 現調編1

をご紹介させていただきます。

 

場所:神奈川県 藤沢市

 

IMG_0295a

 

2F屋上の防水施工および、外階段のある外壁とその内側の階段のリフォームをおこない、部屋内部は最小限にとどめてクロスの全張り替えとクリーニングをおこなう物件になります。

 

 

IMG_0232a

 

蔦に覆われた壁と鉄階段の接する場所には、

 

 

IMG_0252a

 

大きな問題が隠されていました…。

 

 

IMG_0230a

 

見えないところで外階段の取り付け部の腐食が進み、

 

 

IMG_0220a

 

その腐食部から壁内に雨水が壁に侵入していったようです。

 

 

IMG_0240a

 

それは結果として、、

 

 

IMG_0300a

 

建物の内側でこのように大きな浸食の被害になっていました。

 

 

IMG_0275a

 

 

内部の階段の上り口に集中している様子から、主な原因は外階段の接合部とみてよいでしょう。

 

 

IMG_0208

 

一方で、屋上を調査しますと、、

 

 

IMG_0298

 

防水機能はほぼ失われつつあり、

 

 

IMG_0209

 

ルーフドレンは汚れによりカップが浮いてしまっています。

ドレンが汚れで詰まったり、ドレンパイプの接合部が痛んだりすると、

防水機能が弱まった建物の屋内に雨水が侵入し始めます。

なお、防水工事をおこなう際には同時に「改修ドレン」を設置することになります。

 

 

IMG_0297  

 

このままでは、外階段付近のみならず、

 

 

IMG_0207

 

建物全体に雨漏りが生じることから免れることができません。

 

 

IMG_0206

 

手摺りの再塗装だけでなく、

 

 

IMG_0214a

 

基部についても補修や強化が必要な箇所が出てくるかもしれません。

 

階段付近以外の室内については別にご紹介したいと思います。

 

 

つづく、

 

 

今回の現場監督は『谷本さん』です。

谷本係長

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ