2017.05.19

新着!アクセントクロス( FINE/サンゲツ)#1

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。


もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが
お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、
皆さんの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は

新着!アクセントクロス(FINE/サンゲツ)#1

を、ご紹介させていただきます。

 

表紙 4029

 

【サンゲツ】 FINE 1000 WALLCOVERINGS 2017-2019

アクセントクロスの新作カタログが届きましたので、プチ・レビューさせていただきます。

 

カラー テクスチャ 土壁4032

《 FE-1206・1207 》右中・右下)

 

以前紹介させていただいた、サンタフェ風の土壁を模したような「サンゲツ/TH9072」に近い色ですが、コテのタッチがやや細かくなった感じです。どちらがいいかはお好みで…。

 

カラー ターコイズ4030

《FE-1119 NEW(下)  

 

デニム地のようなテクスチャですが、今回既存の「デニム色」に加えてピーコックブルー(緑がかった青)という中間色が加わったのはありがたいです。

ポジティブシンキングを好むような方の書斎などにいかがでしょうか?

  

カラー ライムv4037

《FE-1478》(右上)

 

一見、甘くなってしまいそうなペパーミントグリーンという色が、ソリッドな縦ラインを加えられたことでシャープな爽やかさを演出してくれそうです。縦ラインには細かなメタリックフレークが入っており、光の差し込み具合でさらにメリハリがつきそうです。

《FE-1480》(右下)

 

ボッテガ・ヴェネタのバッグに見られるような編み込み技法:イントレチャート/intrecciato を想起させるテクスチャは、シックでラグジュアリーな雰囲気を醸し出したい場合にはうってつけの素材ではないでしょうか?

  

テクスチャ 砂目4031

《FE-1201》(左下)

 

黒い耐水ペーパーを思わせる細かなサンドのテクスチャに微細なメタルをあしらったクロスはマンションなどの重厚な空間に一役買いそう。ただし微細なパターン故に、入念な下地処理や作業を心がけたほうが良いでしょう。

 

テクスチャ ストライプ4040

《FE-1574》(右下)

 

上のFE-1201の代案としてチャコール系の縦系斜めラインのFE-1574もアリかもしれません。同様に垂直ラインのみのFE-1570もおすすめです。

 

 次回、#2に続きます。お楽しみに。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

  

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

オフィシャルブログ